×

CATEGORY

HOME»  茶畑風景

茶畑風景

春。桜の花が咲く頃、茶畑は施肥や除草作業で大忙しです!寒い冬に、ジッと耐えていたお茶の新芽がようやくふくらんで、 うす黄緑色の茶畑とピンクの桜のコントラストがすばらしく、 仕事の疲れを吹き飛ばしてくれます。

春。桜
4月中旬。茶摘み

4月中旬になると、薄黄緑色だった茶畑が、だんだん緑の色が濃くなってきます!この頃になると市内の茶畑では一斉に黒いシート(被覆資材)をかぶせ、新芽が固くならないようにします。おいしいお茶にするためには、ひと手間もふた手間も惜しみません!あとは遅霜の被害がないことを祈るばかりです。

4月下旬。いよいよお茶摘みが始まります!
さすがに手摘みはやっていませんが、このように2人で持って摘み取る機械を使って、丁寧に新芽を摘んでいます! 今年より一部の茶畑で乗用の茶摘み機を導入しました。まだまだ乗用機械が入らない茶畑が多いので、この機械(可搬式)で5月中旬にかけて、約3ヘクタールの茶畑を摘んでいます。 また、茶工場では摘んだその日のうちに加工するため、毎晩遅くまで、時には徹夜で製茶作業を行っています!

4月下旬。新芽
7月。夏茶

7月。真夏の炎天下!二番茶、三番茶を摘み取り、紅茶に加工します。 除草剤を使用しない茶畑では、雑草が元気に育っています! 虫や蛙、ヘビもたくさんいる茶畑で収量は決して多くありませんが、 環境にも人体にも優しい農業を実践しています。

このような自然に育まれたお茶をあなたのご家庭にお届けします!

農薬を使用しないお茶の栽培  小学5年の時に父を亡くした私(太田 重喜)は、体は小さかったのですが小学6年の時から当時使われていた有機燐剤で猛毒のポリドール・パラチオン・テップ・マラソン等の農薬散布に従事し、中学生の時に2度、その後20代前半までに3度も農薬中毒になりました。結婚後もランネート中毒を2度経験し、そのような時に私は本来「薬として我国で飲用された」とされるお茶を「農薬を使って作り、体がボロボロになって良いのか?」「毎日洗いもしないで飲んで良いのだろうか?」と考え込む日が続きました。
 当時も今も、茶の栽培暦には年間12~20回の農薬の使用が記されています。私は、当時もなるべく使う量も回数も少なくしたいと考えて栽培をしていました。  1978年(昭和53年)8月に(株)日本緑健(現在の(株)りょくけん)の会長、永田 照喜治氏と知り合い、作物を丈夫に育てる為の話を伺いました。そして必要な資材紹介を受け、この年の9月より一切の通常農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤等)の使用をやめ、現在は少ない肥料、本当に作物や土が求めている肥料を施用。病虫害の防除は栽培法の改良と安全な木酢や砂糖・海藻エキス・各種ミネラル資材・有効微生物資材を使い、約3ha余りの全茶園で無農薬栽培をしています。
 嬉野伝統の蒸製玉緑茶(グリ茶)を主に製造し、1988年(昭和63年)より紅茶の製造も致しております。  茶園は、標高150mから500mほどの傾斜地の15ヶ所に分散し、現在9品種を栽培して収穫時期の調整をしています。

CONTENTS

CATEGORY